若狭定住・移住応援サイトわかさ住活ナビ

なかなかな いなか わかさにこないか | 若狭定住・移住応援サイト

子どもを自然いっぱいのところで育てたい!子どもの個性を伸ばして育てたい!
土地のおいしいものを食べさせて育てたい!そんな子育てを叶えることのできるまちです。
町ぐるみで子育てを応援し、安心して子どもを産み育てられる環境づくりに取り組んでいます。

保育

町立保育園は、設定した管理保育でなく、豊かな自然の中でのびのびとした保育を通して子どもたちの個性を伸ばしていく「里っ子保育」を行っています。
子どもたちの体力を伸ばすだけでなく、人間本来の知性を活かす保育は定評です。

子育て支援

  • 乳児保育(生後57日目からのお預かり)
  • 障害児保育
  • 一時保育・休日保育
  • 病児・病後児保育
  • いきいき広場(未入所児の親子を対象に月2回保育所を開放しています。)

学校教育

きめ細かな指導と地域の特色を生かした教育が、子どもたちの豊かな心と健やかな身体の育成を支えています。若狭町の子どもたちは、学力、体力ともに全国トップクラスです。

小・中学生対象の主な社会教育

  • チャレンジウォーク事業(若狭町青少年育成事業) 夏休みに小学生を対象にした2泊3日の移動キャンプを行なっています。テーマによって、毎年、違った行程で歴史や自然を感じながら、仲間同士の絆を深めていきます。物理的な豊かさの中で、失われようとしている心の豊かさやたくましさを養い、魅力ある子どもたちを育むことを目的に、20年以上前から続く事業です。
  • 吹田市交歓会 1970年に開催された万国博覧会に、開催地である吹田市が三方町(現若狭町)の子どもたちを招待したことが契機で、隔年ごとに両市町を小学生が訪問し交流を深めています。約50年続いている事業です。
  • オーストラリア派遣研修 国際化時代に活躍できる未来のまちづくりを担う人材の育成を図るために約30年前から実施している事業で、研修費用の一部を町が補助します。毎年、町内の中学3年生の希望者を中心に多くの方が研修を行なっています。

支援制度

医療費助成や保育料の優遇制度など子どもたちの健全な成長を願って各種支援制度が充実しています。
※詳しくは若狭町公式サイト

「オンライン移住相談」
受付中!
スマホやPC・タブレットなどでご自宅やお好きな場所からご相談いただける「オンライン移住相談」を受け付けております。 若狭町での暮らしに興味がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。